【本枯節男節/約280g】削るの超難しい!


価格:
販売価格¥2,000(税込)

商品説明

本枯節 男節(背中側)
とろける鰹!

本枯節とは

本枯節とは、古くから職人がかつおを四枚に下ろし、茹で、乾し、骨を抜き、燻し、表面を削り整え、カビを2・3度付け、ここまですべて手作業で半年もの時間をかけ作られたこだわりの一品です。
カビをつけることにより、水分を抜き、旨味が凝縮し鰹独自の上品な味が増します
本枯節は香り、味、すべて自信を持っておすすめできる商品です。
おもにスーパーなどで販売している花かつおは本枯節ではなくカビが付いてない荒節を削った商品です。

男節は鰹の背中側 女節より大きく脂身が少なめ
女節は鰹の腹側   どちらも旨味は変わりません

かつお節をうまく削るための準備
1・カンナの刃が出過ぎると粉になるか粒状にしか削れません。刃先は、台の表面より0.1mm位の出がよいです。(紙1枚位)
2・鰹節が堅くて削りにくい場合、粉になりやすい場合は、電気コンロやガスコンロの細火で30秒位削る表面をあたためるとうめく削れます
3・刃が切れなくなったら研ぎ直して下さい。

かつお節の上手な削り方
1・香りと旨味を逃がさないために、料理の直前に削ります。
2・本枯節は、木綿の濡れふきんを絞って、表面のカビをふきとってから使用するか、ブラシ又は乾いた布で、表面のカビをはらい除く程度で十分です。
3・削るときは、逆目にならないように注意して下さい。かつお節が粉になりやすいです。削るときは、かつお節の皮のついてない面から削ります。カンナの刃は手前に向け、かつお節の頭の部分(細くくびれている方)を手前にし、押して削ります

名称 本枯節
原材料名 かつお(枕崎産近海物)
内容量 約280
賞味期限 730日
保存方法 直射日光、高温多湿を避けて、開封後は冷蔵保存で保存してください。
栄養成分表示(100g当たり)
エネルギー 356kcal
タンパク質 77.1g
脂質 2.9g
炭水化物 0.8g
食塩相当量 0.3g

この表示値は、目安です

おすすめの商品

最近見た商品